EVENT

全てのチケットは、TORANOMON LOUNGEのカウンターにて販売中!

2
27

Ust番組「TOKYO 月曜プリマ」公開生放送

サンデーカミデがお送りするプライベートレッスン番組「TOKYO 月曜プリマ」公開生放送。
今回は女優で歌手の麻美ゆまさんを迎えて生放送トークでお送りします。

TORANOMON LOUNGE
”Ust番組「TOKYO 月曜プリマ」公開生放送”


2017.2.27(mon)

入場料:1,500yen(1drink代別)
open19:00 / start19:30

出演:ホストMC:Sundayカミデ(ワンダフルボーイズ/天才バンド)
Guest:麻美ゆま

チケット
【購入フォーム(パソコン/スマートフォン/携帯共通)】
イープラス

【メール予約】
yoyaku@t-l.jp
お名前/枚数、公演日を明記の上記アドレスへご送信下さい。
受付終了しましたら、予約完了のメールを返信させていただきます。
携帯電話のメールアドレスから予約される場合、ドメイン指定受信を設定されている方は「@t-l.jp」を受信できるように指定してください。

※未成年者はご入場頂けません。
※入場順は当日の先着順となります。
※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

Sundayカミデ | Sunday Kamide
(ワンダフルボーイズ/天才バンド)
2010年結成の関西を拠点に活動する「マジであったことポップミュージック」を標榜するイカした 6人組バンド「ワンダフルボーイズ」のリーダーでボーカルでもあり、21世紀の名曲「君が誰かの彼女になりくさっても」の作詞作曲としても知られるSundayカミデ。
盟友、奇妙礼太郎、手島コージとともに「天才バンド」の鍵盤としても活動し、ボーカル/ピアニスト/ソロシンガーと多数の顔を持つアーティスト、ソロアルバムには自身執筆の文庫本もついていて、音楽家だけでなく作詞家/作家としての一面もある。
www.sundaykamide.com

麻美ゆま | Yuma Asami
セクシーアイドルとして絶大な人気を誇り、「恵比寿マスカッツ」では2 代目リーダーとしても活躍。バラエティ番組、テレビドラマの出演も多く、「探偵はBAR にいる2 ススキノ大交差点」、「桜姫」にも出演し、女優としても活躍した。しかし2013 年に卵巣の境界性悪性腫瘍を患い、子宮・卵巣の摘出手術、抗がん剤治療中であることを自身のTwitter で告白。突然の病気に襲われ、恵比寿マスカッツの解散ツアーに参加できなくなるなど、壮絶な闘病生活を送る。そして、厳しい抗がん剤治療を乗り越え、2013 年10 月にYouTube に「麻美ゆまから」と題した復帰コメントをアップし復活宣言。再生回数は瞬く間に160万回を超え、女性ファンからも多くの支持、共感を集めた。2014年5月に闘病記も含め赤裸々に半生を綴った自叙伝「Re Start ~どんな時も自分を信じて~」( 講談社) を発売し、大きな話題となる。また2015 年5 月20 日シングル「Re Start~明日へ~」を発売し、シンガーとして本格的に活動を再開。発売日翌日のGoogle Trend でキーワード『麻美ゆま』が3 位にランクインし、期待の大きさを物語る記録となった。最近では舞台「志村魂」に2 年連続で出演、「YATSUI FES」には3年連続で出演するなど、活躍の場を広げている。

3
3

小宮山雄飛があの人と話す会 Vol.15

TORANOMON LOUNGEのプロデューサーであるホフディランの小宮山雄飛が、様々なゲストを迎えて1対1でじっくり喋り尽くすトークイベント『小宮山雄飛があの人と話す会』

第15回目は、 豪快な呑みっぷり、食べっぷりが人気を集め、酒場モデルとしても活躍中の「おんな酒場放浪記」(BS-TBS)出演中のファッションモデルの倉本康子さんと、小宮山雄飛と共に居酒屋本の共著をするほど居酒屋が大好きなイラストレーターの黒木ユタカさんをゲストにお迎えして、酒場とは?お酒とは?をテーマにお送りします。会場では出演者セレクトの各種お酒も販売予定、この日はラウンジが居酒屋に変わります。乞うご期待。

小宮山雄飛があの人と話す会
ゲスト/倉本康子、黒木ユタカ


2017.3.3(fri)

入場料:2000yen(1drink代込み)
open 18:30 / start 19:00

チケットはこちらから
イープラス 1/25 10:00〜発売予定

【メール予約】
yoyaku@t-l.jp
お名前/枚数、公演日を明記の上記アドレスへご送信下さい。
受付終了しましたら、予約完了のメールを返信させていただきます。
携帯電話のメールアドレスから予約される場合、ドメイン指定受信を設定されている方は「@t-l.jp」を受信できるように指定してください。

※未成年者はご入場頂けません。
※入場順は当日の先着順となります。
※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

小宮山雄飛 | Yuhi Komiyama
ホフディランのボーカルにして渋谷区観光大使兼クリエイティブディレクター。ホフディランの超POPな新曲《愛しあって世界は回る》は現在なんと完全無料で配信中!今すぐPC・スマホで「hoff.jp」へアクセスしてダウンロードしてください!音楽以外でも、東京文化・グルメなどに精通し様々な方面で活躍。現在TVレギュラー2本/ラジオレギュラー1本/ポッドキャスト2本/雑誌連載5誌を抱える多忙の日々。

倉本康子 |Yasuko Kuramoto
ファッションモデル/インテリアモデル/酒場モデル
抜群の着こなしと明るい性格で人気のファッションモデル。 ファッションブランド「fua」をプロデュース。 また、史上初の“インテリアモデル”としても注目を集め、ファッションの頭で考えるインテリアの提案や収納グッズ、モデルルームなどのプロデュースを手掛ける。 「おんな酒場放浪記」(BS-TBS)では、女性の酒場の楽しみ方を紹介。 その豪快な呑みっぷり、食べっぷりが人気を集め、酒場モデルとしても活躍中。
ブログYakko  ameblo.jp/kuramoto-yasuko/

黒木ユタカ |Yutaka Kuroki
イラストレーター・映像監督
1976年東京都調布市生まれ。2009年にミュージシャンからイラストレーターに転向。COIL、槇原敬之らのミュージックビデオを手がけた事をきっかけに以降、コマ撮りやアニメーションによる映像作品を発表し続ける。イラストは雑誌、書籍、CDジャケット、webサイト、ホテルの客室アート、キャラクター制作など多岐に渡る。
www.kurokiyutaka.com

3
5

SAIKORO Talk Live in Tokyo vol.1「ヨシダナギ」追加公演
〜ヨシダナギのアフリカ〜 昼の部/夜の部



SAIKORO Talk Live in Tokyo vol.1「ヨシダナギ」追加公演
〜ヨシダナギのアフリカ〜 昼の部


2017.3.5(sun)

入場料:前売/3,000yen、当日/3,500yen(1drink代別、税込)
open13:30 / start14:00

出演:ヨシダナギ(フォトグラファー)

チケット
SOLD OUT

※未成年者は、ご入場頂けません。
※当日は、予約番号順でのご入場となります。整列は開場10分前から行います。
開場後は、順次、ご案内させて頂きます。
※席数に限りがございます。定数を越えた場合、立ち見になりますので、予めご了承ください。


SAIKORO Talk Live in Tokyo vol.1「ヨシダナギ」追加公演
〜ヨシダナギのアフリカ〜 夜の部


2017.3.5(sun)

入場料:前売/3,000yen、当日/3,500yen(1drink代別、税込)
open17:30 / start18:00

出演:ヨシダナギ(フォトグラファー)

チケット
SOLD OUT

※未成年者は、ご入場頂けません。
※当日は、予約番号順でのご入場となります。整列は開場10分前から行います。
開場後は、順次、ご案内させて頂きます。
※席数に限りがございます。定数を越えた場合、立ち見になりますので、予めご了承ください。

ヨシダ ナギ|Nagi Yoshida
1986 年生まれ フォトグラファー。 独学で写真を学び、2009年より単身アフリカへ。アフリカをはじめとする世界中の少数民族を撮影、発表。その唯一無二の色彩と生き方が評価され、TVや雑誌などメディアに多数出演。2017年には日経ビジネス誌で「次代を創る100人」に選出される。近著には、写真集『SURI COLLECTION』(いろは出版)、アフリカ渡航中に遭遇した数々のエピソードをまとめた紀行本『ヨシダ、裸でアフリカをゆく』(扶桑社)がある。
nagi-yoshida.com

3
22

刺激スイッチ的未来予測!
~テクノロジーが変える仕事と暮らし~

コンピューター、インターネット、スマートフォン。
革新的テクノロジーの登場は、仕事と暮らしを大きく変えてきた。
近年登場したIoT、VR、ブロックチェーン等の次世代テクノロジーは、これからの仕事と暮らしをどう変えていくのか。

刺激スイッチ的未来予測!
~テクノロジーが変える仕事と暮らし~


2017.3.22(wed)

入場料:¥1,000
※オンラインサロン『刺激スイッチ研究所』会員は入場料無料
※1drink制(500yen)
open18:30 / start19:00
出演:小林弘人/柳瀬博一/REATMO/刺激スイッチ研究所

内容:
◆Openning Movie
刺激スイッチ研究所2017

◆Talk Live
「テクノロジーが変える仕事と暮らし」
小林弘人×柳瀬博一×関智
ブロックチェーンは”取引”を変えるのか/これからのメディアとコンテンツ/音楽業界の未来/ウェアラブルデバイスは必需品になるのか/AI・IoTで自動化されていくもの/VRは”体験”を生み出すのか

◆Live Performance
Human Beatboxer REATMO

◆Closing Talk
「SXSWと刺激スイッチ」
小林弘人×柳瀬博一×REATMO×関智
SXSWとは?/関所長が現地取材!SXSW2017での大発見/日本版SXSWの可能性


チケット
【メール予約】
yoyaku@t-l.jp
お名前/枚数、公演日を明記の上記アドレスへご送信下さい。
受付終了しましたら、予約完了のメールを返信させていただきます。
携帯電話のメールアドレスから予約される場合、ドメイン指定受信を設定されている方は「@t-l.jp」を受信できるように指定してください。

※未成年者はご入場頂けません。
※入場順は当日の先着順となります。
※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

小林弘人 | Hiroto Kobayashi
インフォバーン代表、大学教授 。「ワイアード」「ギズモード・ジャパン」等、人気媒体を立ち上げる。また、企業のメディア化とコンテンツマーケティングの先駆として知られる。現在はベルリンの人気カンファレンスの日本開催を準備中。経営の傍ら、大学で教鞭をとりながら、講演・ワークショップ、執筆を行う。監修した『フリー』(クリス・アンダーソン著・ NHK出版)は翻訳書としては異例の19万部を超えるベストセラーとなる。著書『メディア化する企業はなぜ強いのか? ~フリー、シェア、ソーシャルで利益をあげる新常識 (生きる技術!叢書)』(技術評論社)、『ウェブとはすなわち現実世界の未来図である』(PHP研究所)等。

柳瀬博一| Hiroichi Yanase
編集者。日経ビジネス チーフ企画プロデューサー
慶應義塾大学経済学部卒業後、日経マグロウヒル社(現・日経BP社)に入社。雑誌「日経ビジネス」の記者、専門誌の編集や新媒体開発などに携わった後、出版局にて『矢沢永吉 アー・ユー・ハッピー?』『社長失格』『流行人類学クロニクル』など書籍の編集を行う。
2008年より「日経ビジネス オンライン」のプロデューサーとしてコンテンツ広告やオウンドメディアのプロデュースを行う。2012年より現職。「文化系トークラジオ Life」「柳瀬博一Terminal」「Biz&Tech Terminal」などラジオのパーソナリティも。共著に『インターネットが普及したら、ぼくたちが原始人に戻っちゃったわけ』(小林弘人と共著 晶文社)、『混ぜる教育』(崎谷実穂と共著 日経 BP社)等。

REATMO
口で様々な楽器音を奏でる「ヒューマン・ビートボックス」奏者(=ヒューマン・ビートボクサー)。iPadなどの電子機材によってビートボックスや声を次々重ねていくことで楽曲を構築・演奏していく独自の奏法を持つ。19歳でアメリカでのビートボックスの大会で優勝したほか、パリファッションウィーク(パリコレ)での「MIHARAYASUHIRO」のショウとのコラボライヴ、米ロックバンドMaroon 5からパフォーマンスを絶賛されるなど、国内外で活躍中。2016年3月より、大型フェス「SXSW」への出演を皮切りに、全米ツアーを敢行する。

刺激スイッチ研究所
せきさとる、ミノル・スアレスを中心とした「クリエイティブの根っこにあるもの」を探求する活動。想定していないものとの関わりにこそそれはあるという思いから、異なるジャンル同士が触れ合って化学反応が起きるようなコンテンツ作りを目指している。2016年5月に立ち上げ、イベント、動画配信、オンラインサロンの運営等をおこなっている。試運転期間を経て、2017年より本格的に稼動予定。

3
27

Ust番組「TOKYO 月曜プリマ」公開生放送

サンデーカミデがお送りするプライベートレッスン番組「TOKYO 月曜プリマ」公開生放送。
今回はおとぎ話の有馬和樹さんを迎えて生放送トークでお送りします。

TORANOMON LOUNGE
”Ust番組「TOKYO 月曜プリマ」公開生放送”


2017.3.27(mon)

入場料:1,500yen(1drink代別)
open19:00 / start19:30

出演:ホストMC:Sundayカミデ(ワンダフルボーイズ/天才バンド)
Guest:有馬和樹(おとぎ話)

チケット
【購入フォーム(パソコン/スマートフォン/携帯共通)】
イープラス

【メール予約】
yoyaku@t-l.jp
お名前/枚数、公演日を明記の上記アドレスへご送信下さい。
受付終了しましたら、予約完了のメールを返信させていただきます。
携帯電話のメールアドレスから予約される場合、ドメイン指定受信を設定されている方は「@t-l.jp」を受信できるように指定してください。

※未成年者はご入場頂けません。
※入場順は当日の先着順となります。
※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

Sundayカミデ | Sunday Kamide
(ワンダフルボーイズ/天才バンド)
2010年結成の関西を拠点に活動する「マジであったことポップミュージック」を標榜するイカした 6人組バンド「ワンダフルボーイズ」のリーダーでボーカルでもあり、21世紀の名曲「君が誰かの彼女になりくさっても」の作詞作曲としても知られるSundayカミデ。
盟友、奇妙礼太郎、手島コージとともに「天才バンド」の鍵盤としても活動し、ボーカル/ピアニスト/ソロシンガーと多数の顔を持つアーティスト、ソロアルバムには自身執筆の文庫本もついていて、音楽家だけでなく作詞家/作家としての一面もある。
www.sundaykamide.com

有馬和樹(おとぎ話) | Kazuki Arima
2000年に同じ大学で出会った有馬と風間により結成。その後、同大学の牛尾と前越が加入し現在の編成になる。2007年にUKプロジェクトより1stアルバム「SALE!」を発表、以後2013年までにROSE RECORDSからの2枚を含め6枚のアルバムを残す。2015 年、おとぎ話にとって代表曲となる「COSMOS」が収録された 7th アルバム「CULTURE CLUB」を felicity よりリリース。 従来のイメージを最大限に表現しながら、それを壊し新しい扉を開いた このアルバムにより、おとぎ話はまさに唯一無二の存在となった。 また、ライヴバンドとしての評価の高さに加えて、映画や演劇など 多ジャンルに渡るアーティストやクリエイターからの共演を熱望する 声があとをたたない。 日本人による不思議でポップなロックンロールをコンセプトに活動中。
otogivanashi.com

4
7

空耳人生 友の会 Vol.15

イラストレーターであり、アートディレクターであり、そしてソラミミストでもある安齋肇。遅刻をくりかえし、締切をふみたおしながらも、表舞台に立っているにはワケがあった。公私ともに関わってきた友人を毎回ゲストに迎え、その “空耳な人生”の極意をアツくユルくお届けする初のトークイベント。
第15回は、なんと(仮)ということで本当に来るのか来ないのか?なんともはや期待を持たせるカメラマン三浦憲治さん。安齋肇のゆるさの上をゆくゲストということで、どんな展開になりますことか。

2017.4.7(fri)

入場料:¥2,000(1drink代込み)
open18:30 / start19:00
出演:安齋肇/三浦憲治(仮)

チケット
イープラス

【メール予約】
yoyaku@t-l.jp
お名前/枚数、公演日を明記の上記アドレスへご送信下さい。
受付終了しましたら、予約完了のメールを返信させていただきます。
携帯電話のメールアドレスから予約される場合、ドメイン指定受信を設定されている方は「@t-l.jp」を受信できるように指定してください。

※未成年者はご入場頂けません。
※入場順は当日の先着順となります。
※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

安齋 肇 | Hajime Anzai
1953年、東京都広尾生まれ、池袋育ち。JAL「リゾッチャ」のキャラクターデザインや、NHK「しあわせニュース」のタイトル画を手がける。また、ユニコーンや奥田民生ツアーパンフレットのアートディレクション、宮藤官九郎原作の絵本「WASIMO」や作品集「work anzai」、ドローイング集「draw anzai」を出版。テレビ朝日系「タモリ倶楽部」空耳アワー、NHK BSプレミアム「笑う洋楽展」などに出演。ナレーションやバンド活動も行っている。

三浦憲治| Kenji Miura
写真家 1949 年広島市生まれ
71年よりミュージシャンのライヴ写真を撮り始め、レッド・ツェッペリン、ピンク・フロイド、エリック・クラプトン、ポリスなどを撮影。PIL「Live in Tokyo」('73)、チープトリック「チープ・トリック at 武道館」('78)のジャケットや、サンタナの初来日時にオフィシャル・フォトグラファーとしてツアーに同行、日本武道館で撮影した作品が、アルバム「ロータスの伝説」の中ジャケットに掲載。YMO、ユニコーン、奥田民生、矢沢永吉、井上陽水、松任谷由実、藤井フミヤ、スチャダラパー、鈴木雅之、岡村靖幸、森高千里、福山雅治など多くのアーティストを撮り続け、雑誌・広告・CD ジャケット・ツアーパンフレット・写真集などを手掛ける。